マッデン NFL オンライン対戦

『Madden NFL』のハイライト動画やTipsなどを紹介しています。
マッデン NFL オンライン対戦 TOP  >  スポンサー広告 >  11 オンフラン >  JPL 2011 WEEK 6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JPL 2011 WEEK 6

おかげさまでWEEK 5の全試合が終了いたしました。ありがとうございました!
これよりWEEK 6に進みます。

WEEK 6の試合前コメント、試合後コメント(感想とか。ヘッドコーチ口調でも可)、
リーグの展望(チーム・選手の動向やプレーオフ争いなど。評論家口調でも可)
などなど、皆さんの熱い思いを自由に書き記すのだ^^

トレードの希望やスケジュール調整などもこちらでどうぞ。

Madden Tips まとめサイト
Xbox 360 ゲーマータグ交換所    ■PS3 オンラインID交換所
Xbox 360 オンラインフランチャイズ    ■PS3 オンラインフランチャイズ
スポンサーサイト
[ 2010年12月04日 16:16 ] カテゴリ:11 オンフラン | TB(0) | CM(5)
[ 2010/12/06 03:07 ] [ 編集 ]
私的事情によりオンフランから抜けました。
すいません。皆さん、頑張って。v-222
[ 2010/12/07 23:52 ] [ 編集 ]
>TMさん
了解です~ 残念><
どなたか参加希望の方いらっしゃいましたらお気軽に……。
[ 2010/12/08 01:56 ] [ 編集 ]
第5週ハイライト
http://www.youtube.com/watch?v=QjRJH5fMWik
第5週のハイライトの編集があがりました。
お楽しみください。
[ 2010/12/08 02:50 ] [ 編集 ]
DET 38-31 NYG
<前半>
 NYGの最初のプレイでRBへのクイックパスにLBレヴィが割り込んでINT-TD。DETは最高のスタートを切ることに成功する。しかし、DETが気持ちよく試合が出来たのはこの1点のみ。9マイルの強風と土砂降りという最悪のコンディションに非常に厳しい試合を強いられることとなる。
 次のドライブではHBブラッドショーのランとQBマニングのタイミングの早いパスでとんとん拍子に進まれ、最後はラインに大穴が空き、ブラッドショーが22ydsTDラン。7-7。
 DETの最初のドライブは悪天候を考慮し、ランとパスが半々くらいの割合で構成された。最初は調子よくパスをコントロールしていたスタッフォードだが、FG圏内に入ったあたりから急変。なんでもないアンダーニースへのパスをミススローしたかと思えば、次のプレイでTEシェフラーがクロスルートでフリーになったにもかかわらず、ボールは遙か先へ。これがFSロールの胸にジャストミートし、攻撃権を奪われる。
 NYGは次のドライブでもテンポ良く進む。HBブラッドショーのタンを全く止めることが出来ず、なんとかFGで抑えるのがせいいっぱい。7-10。
 残り1分で、なんとかFGを取りたいDET。ここで、新人リターナー・ローガンが99ydsを走りきるリターンTD。オフェンス・ディフェンスともにふがいないDETで新人が気を吐く。14-10。
 しかし、次のドライブでは、残り8秒からNYGにWRマニンガムへの43ydsパスを決められ、14-17。安全性の高い2 Man Underのど真ん中を破られるという失態に、HCは激怒。セイフティーはどこで遊んでいたんだ?
<後半>
 なんとか調子を取り戻したいDETオフェンス。悪天候とスタッフォードの出来の悪さからランを多く試みるが、NYGのラインに全く歯が立たず、ドローをやれば3 Men FrontでDEに突っ込まれてロスタックルなど、厳しい状況は続く。窮地をHBブラウンのスーパーキャッチなどで乗り切り、レッドゾーンに入るも、3rdダウンでドフリーのジョンソンへのミドルパスをミススローするなど、スタッフォードが要所で決められない。今までのスタッフォードがよく出来すぎていたといえばそれまでだが、昨期までのわんぱくぶりを思い出す出来だったw FGでなんとか17-17。
 次のドライブもブラッドショーのランをDETは全く止められない。ランディフェンスで止めにいっているにもかかわらず、タックルを次々にブレイクされるというフィジカルの弱点が露呈する試合となった。最後はHBブラッドショーのランで7点差に。17-24。
 4Qに入り暗雲が立ちこめるが、ようやく出始めたHBスミスのランとスタッフォードのパスがうまく回り出し、最後はTEシェフラーが36ydsパスで再び同点に。24-24。
 常に主導権を握られる形となっていたDETだが、CBヒューストンがQBマニングのパスを値千金のINT。そのままエンドゾーンに持ち込み、31-24。開幕後の新加入が相次いだDB陣で、すばらしいアピールに成功した。
 次のドライブではブラッドショーのランを次第に止めることができはじめたが、今度はQBマニングの早いリリースのパスにディフェンスがついて行けず、1分少々を残して、最後はマニンガムへの12ydsTDパスで31-31。
 同点、残り1分で攻撃権を持つというDETには有利な状況だが、悪天候もありパスオフェンスのDETには難しいドライブが予想された。しかし、4Qに入って安定感を取り戻したスタッフォードがパスをうまくコントロールし、サイドライン際を走るTEシェフラーと内側に釣られたCBとの一瞬のギャップを突き、48ydsパスで敵陣5ヤードまで進む。最後はHBスミスが確実にエンドゾーンへ運び、38-31。
 最後のNTGのドライブでは、LBピーターソンのサックでファンブルを誘発。NTスーがこれをリカバーしDETが非常に厳しい試合をものにした。

○HCジム・シュワルツ
「試合前からジャイアンツ戦が難しいものになることは十分予想できていたが、NYGのオフェンスがすばらしかったにもかかわらず、我々のオフェンスが十分な力を発揮しきれず、予想以上に厳しい試合となった。試合全体としてジャイアンツが支配していたといえるだろう。オフェンスヤーデージがそれを表している。
 ただ、こういう出来の良くない試合で強敵を相手に勝利したことはいままでの我々にはなかった勝ち方だ。そういう意味では得たものは大きい。」

○QBマシュー・スタッフォード(Rt:107.7, 10/14, TD, INT)
「今日は周りに助けられたね。こういう天候でもコンスタントにチームに貢献できなければ一流とはいえない。ニューヨークでこの時期だからもっと悪い天候だってあり得たしね。まだまだだと思う。でも、こういう試合で負けなかったのはこのチームにとって大きな進歩だと思うんだ。」

○TEトニー・シェフラー(4Rec, 113yds, TD)
「チーム全体が苦しんでいた試合で、存在感を発揮できたことはうれしいね。キャッチ能力を見込んで加入させてくれたライオンズにいい貢献が出来た。」
[ 2010/12/09 03:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kommander

Author:kommander
kommanderにメールを送る

PS4 オンラインID:
kommander_HZK

アルバム
Twitter
チャット
maddenjapan Feeder
パスワード:mj
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。