マッデン NFL オンライン対戦

『Madden NFL』のハイライト動画やTipsなどを紹介しています。
マッデン NFL オンライン対戦 TOP  >  スポンサー広告 >  09 すーさん >  すーさんのTips 第15回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すーさんのTips 第15回

第15回 パスルートとコンビネーション考察 -7-(Deep -1-) [1] Deep Zoneのパスの特徴

 このZoneへのパスの成功の正否は、いかに的確にCoverageを読むかにかかってきますので、まず私のTipsの第2回~第6回、特に第6回をもう一度見ていただければと思います。
 このZoneへのパスを成功させられるようになると、ディフェンスにとっては大きな脅威となり、Deepを気にせざるを得なくなるため、Inside RunやDrawなどが出やすくなって、オフェンスのプレイ選択の幅が大きくなります。
 Deep Passについては、理論的な部分がかなり重要となりますので、詳しく書いていきたいと思います。
(正直、今回から3回分の記事は私の手の内をかなり暴露することになりますが、Deep Passが決まりだすと、Maddenはかなり面白くなってくるんで、公開したいと思います。ぜひ身に付けてMaddenをより楽しめるようになっていただければと思います。と言っても、上級者にとっては当たり前の事項ばかりかもしれませんが……)

[2] Deep Zoneのルート(総論)

Deep Root

 まず、各Coverageとの相性をまとめてみました。なぜ◎なのか、なぜ×なのか、理由がすべてにありますので、以下で細かく検討していきます。

soosan15
※Tampa 2に対しては×

[3] Deep Zoneのルート(各論)

(1) Fade (20-30ヤード、TD)

 FadeはOWR(アウトサイドレシーバー)が一瞬アウトサイドにリリースしてからサイドライン際を駆け上がるルートです。Streakとは何が違うかと言うと、Bumpに来たCB(MaddenではMan CoverageやCover 2でTightにセットしたCBはBumpをしてきます)をかわして、CBを置き去りにできます。また、Streakよりもサイドライン際を走るので、Cover 2に対してよりパスが通りやすくなります。

 このルートがあらかじめ含まれているプレイアートはほとんどないので、セットした段階で、Cover 0、Man Free、Cover 2と読んだとき(CBがTightならなおよし)に、ホットルートでWRのルートを変更してロングゲインを狙います。

<vs Cover 0、Man Free>
 一言で言うとCBとのスピード勝負です。SPDが95を超えるWRでは積極的に狙っていきましょう。CBがTightであれば、SPDが90ちょっとくらいでも狙ってよいと思います。パスの投げ方は、ボタンを短く押して、フワッとしたボールをWRの頭越しに投げます。
 また、これはスティックスキルですが、スティックを上に倒しながらパスを投げた(奥へのプレシジョンパス)直後にWRにカーソルチェンジ(Bボタン)して、スプリント(右トリガー)で加速することでより、通常よりCBを引き離すことが可能です。さらにYボタンでポゼッションキャッチできれば大きな武器となります。(プレシジョンパスポゼッションキャッチについてはこまんだーさんの記事を参照)

<vs 2 Man>
 2 Manに対しては、落下地点でダブルカバーとなるため、普通に投げてもまず通りません。Man Coverageでも、2 Manに対してはこのルートはあきらめましょう。

<vs Cover 2>
 Cover 2の弱点は両Sの間と外側にあります。Fadeではその外側の部分を突きます。
 パスの投げ方は、Cover 0やMan Freeに対する投げ方とは違って、ボタンを長押しして速い弾道で投げます。これは遅い弾道だとSが追いついてしまうからです。また、プレシジョンパスで外側にリード気味のボールを投げることで、よりSからボールを離すことができます。

●Streak / Fade

Streak_Fade

 そして、さらに成功率を上げるためのコンビネーションとして、IWR(インサイドレシーバー)をホットルートでStreakにすることにより、Sの意識をStreak側に引き付けるという方法があります(もともとIWRがPostルートならなおよし)。Sは自分の責任ゾーンに2人が侵入することになり、守りにくくなります。1つのゾーンに2人のレシーバーを入れるという考え方はZone攻略の基本でもあるので、覚えておくとよいと思います(後の回でも出てきます)。

<vs Cover 3、Cover 4>
 Cover 3、Cover 4では、CBがDeepに下がっていきます。Cover 3に対しては下がっていくCBに対してSpeed勝負を挑むこともあり得ますが、それなら普通にStreakルートで勝負するべきです。アウトサイドにリリースをしている分、CBに余裕を持って対処されがちです。もっとも、Cover 3 に対しては、高さがあり、かつ能力があるWRに1対1で高い弾道のボールを競って捕らせるということもできます。これは08ではかなり有効でしたが、09では不成功になることの方が多いため、よほどのときでない限り使わない方が無難であると思います。
 Cover 4の場合は落下地点でダブルカバーになるため、あきらめた方が無難です。

第16回 パスルートとコンビネーション考察 -8-(Deep -2-)

スポンサーサイト
[ 2009年04月03日 03:53 ] カテゴリ:09 すーさん | TB(0) | CM(3)
こう見るとPostはおおむね万能ですね。
良く通されるのも納得出来るなぁ。
[ 2009/04/06 23:46 ] [ 編集 ]
Postのとこで書きますけど、Postはかなりタイミングがシビアですよ(Cv0、Cv2のぞく)。でも、うまい人はうまい。。。私にとっては、結構INTを喰らいやすいルートでもあります。
[ 2009/04/07 03:41 ] [ 編集 ]
Post練習してますが、確かに投げるの勇気いりますねぇw
DeepのPostだとBlitzも気にしなくちゃいけないし、忙しいですw
それがまたたのしいんですがねw
[ 2009/04/09 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kommander

Author:kommander
kommanderにメールを送る

PS4 オンラインID:
kommander_HZK

アルバム
Twitter
チャット
maddenjapan Feeder
パスワード:mj
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。