マッデン NFL オンライン対戦

『Madden NFL』のハイライト動画やTipsなどを紹介しています。
マッデン NFL オンライン対戦 TOP  >  スポンサー広告 >  09 すーさん >  すーさんのTips 第12回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すーさんのTips 第12回

第12回 パスルートとコンビネーション考察 -4-(Underneath -2-)
(3) Circle (5-8ヤード)
 
Circle

 このルートは、DLの外側を回り込むようにしてRBがUnderneathに進入するルートです。Madden 09ではとても守りにくいルートで、3rd&5程度でよく使われるルートです。
 このルートはパスを投げるタイミングがとても重要です。RBがLOSを越えるか越えないかの辺りで早めに投げてください。このタイミングが遅れるとLBの責任ゾーンに入り、INTされることもあります。
 なお、このルートの守り方については後述します。

(4) RB Hook (5ヤード)

 このルートはCheckdownとして使われることの多いルートで、他のレシーバーがカバーされているときに、最後の策として投げることの多いルートです。下がったLBの前でストップしてQBの方向を向くので、守りにくいルートです。
 ただ、このルートはLBをマニュアル操作している相手に対しては注意が必要です。というのも、このルートをマニュアル操作で抑えられてしまうと、Checkdownがなくなり、混乱の果てにSackまたは無理投げでINTになる可能性があります。上級者でも失敗しやすいパターンなので、注意してください。
 同様に、RBの代わりにTEがHookするルートもありますが、RBの場合と同じように考えていただいて構いません。

(5) Inside Slant (5-8ヤード)

 私はSlotなどInsideのレシーバーがSlantコースを走るルートをこう呼んでいます。OutsideレシーバーのSlantとはゾーンの見方が違うので、区別しています。
 Inside Slantのときに注目するのはMLBになります。具体的に述べます。

(例) I Form Pro Twins / Slants

I_ProTwins_Slants

 <B>のルートの緑色の部分がHitする(Catchする)ポイントとなります。ROLBは<X>のSlantルートを守らざるを得ず、<B>には干渉できません。そこで、MLBに注目します。MLBが斜めに下がった場合には、MLBが<B>の前に入ることはできませんが、MLBが真後ろに下がった場合には、MLBが<B>の前に進入してINTされることがよくあります。
 なお、この後に述べるDLのSpyも、相手によっては気を付ける必要があります。

[3] Underneathの守り方

 Underneathは最も守るのが難しいルートです。そこで、完全に防ぐことはできなくとも、成功率を落とす4つの方法を紹介します。

・マニュアル操作
・ハンズアップ
・Zone Blitz
・QB Spy

(1) マニュアル操作

 マニュアル操作で、Underneathに飛び込んでくるレシーバーに張り付いて、SwatまたはINTを狙います。レシーバーとQBの間に入るのはなかなか難しいですが、間に入れなくともキャッチした瞬間にHit Stickを繰り出しドロップを狙ったり、RAC(ラン・アフター・キャッチ)を阻止したりできます。ただ、マニュアル操作で張り付きすぎると、もともと守るべき責任ゾーンを放棄することになるので注意してください。

(2) ハンズアップ

 ハンズアップは、操作はこまんだーさんの記事を参考にしてください。距離が短い分、弾道が低いため、ハンズアップでボールを叩き落としやすいと言えます。

(3) Zone Blitz

 Zone Blitzとは、パスラッシュするはずのDLの代わりにLBがラッシュし、LBの代わりにDLがゾーンカバーに入るものをいいます(わかりやすくいえば、DLとLBの役割の交換です)。QBとしては、LBがラッシュしてきて、もともといたゾーンを突こうとして見たら、なぜかDLがいるわけです。QBの混乱を誘うことができます(あのP. Manningでさえも引っかかる場面があります)。で、Zone BlitzがなぜUnderneathを守るのによいかというと、DLは前の位置からゾーンに下がるため、パスを投げるタイミングのときに、より前にいる可能性が高いからです。Underneathのパスはタイミングの早いものが多いので、Zone Blitzも試してみてください。

(4) QB Spy

 QB SpyとはQBの正面に位置して、QBの動きに合わせて左右に動くものをいいます。Double QB Spyは、2人のディフェンダーがそれぞれQBの右前、左前でQBの動きに合わせて動きます。主にモバイルQBのDrawやスクランブル対策として使われますが、ちょうどUnderneathの辺りで、QBの前のZoneを守るため、かなりUnderneathへのパスは投げにくくなります。そして、これは裏が取れている情報ではないですが、QB SpyのディフェンダーはQBに注目してるせいかINTをしやすい気がします。QB Spy、特にDouble QB Spyは、ぜひ試してください。
 なお、Spyはホットルートで設定できます(こまんだーさんの記事を参照してください)。また、DLをSpyにした場合、当然ランには弱くなるので注意してください。

第13回 パスルートとコンビネーション考察 -5-(Buzz)
 
スポンサーサイト
[ 2009年03月10日 14:52 ] カテゴリ:09 すーさん | TB(0) | CM(2)
参考になります。^^
いつも、オーディブルで、quick pass でslant を時々しますが、わりと、危険ですね。当てが外れたときは、最近は、無理をせず、がんばって外に出て投げ捨てています。
最近はじめて、qb spy で、インターセプトをしました。あっけなく取ってびっくりでしたし、ディフェンシブラインをマニュアルでジャンプさせるとこれもラインにはありえないスピード(ワープ?)でとってびっくりしたことがあります。
[ 2009/03/12 22:58 ] [ 編集 ]
>kazuさん
Slantはよく見て投げないとINTになりやすいですね。いかにもBlitzが来るような感じだとオーディブルでお気軽に変えられて便利なんですが。
QB SPYのときはLBがあり得ないくらいの超絶反応でINTを取ってくれたりします。QB SPYはモバイルQBを止める以外にも結構有効ですよね。
[ 2009/03/15 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kommander

Author:kommander
kommanderにメールを送る

PS4 オンラインID:
kommander_HZK

アルバム
Twitter
チャット
maddenjapan Feeder
パスワード:mj
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。