マッデン NFL オンライン対戦

『Madden NFL』のハイライト動画やTipsなどを紹介しています。
マッデン NFL オンライン対戦 TOP  >  スポンサー広告 >  09 すーさん >  すーさんのTips 第9回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すーさんのTips 第9回

第9回 パスルートとコンビネーション考察①(Flat①)

 今回からパスルートの特徴を検討していきます。 [1] Flat Zoneの特徴

 Flat ZoneはもともとCBがいる位置で、主にCover 2ならCB、Cover 3ならOLBが入ることが多いZoneです。
 Flat Zoneには、「Blitzが入ったサイドのFlatはカバーされていないことが多い」という大きな特徴があります。なぜなら、OLBやCBがBlitzに入った場合、Flatをカバーする人が原則いないからです(常にではなく、DE、ILB、Sがフォローすることもあります)。
 したがって、「Blitzを多用する相手には有効」ということが言えます。

 ただし、これを逆手に取って、Blitzが入っているにもかかわらず、Flatをカバーするディフェンスのプレイもあります。(Strike 2 Spyなど。この点はパスディフェンスのときに検討します。これがハマってFlatでINT→そのままTDとなったりすると最高にうれしいです。FlatでINTをされた場合には、即リターンTDにつながるので、注意が必要です。)

[2] Flatのルート

 では、ルートを具体的に検討します。

Flat Root

(1) TE Flat / Slot Flat (1-5yd)

※カッコの中のゲイン数は、それだけのyardageを獲得できる可能性が高いという意味です。プレイを選択する際の材料にしてください。

 このルートは、TEやSlotなどのInside Receiverが、外に直線的に走るルートです。
 Zoneに対しては、Curl、Corner、Comebackなどとの組み合わせで有効なプレイがたくさんあり(Curl Flat、Corner Strikeなど→詳しくは後日検討します)、#DをFlatに引き付ける面でも大きな役割を果たす場合があります。
 このルートは投げるタイミングが大事で、中途半端なタイミングで投げるとMaddenでは勢いあまってレシーバーが外に出てしまいます。早めに投げるか、FlatでレシーバーがStopしてから投げねばなりません(User Catchで外に出ないようにもできますが難しいです)。また、TEがFlatに出てからライン際でStopするまでには意外に時間がかかる点にも注意してください。

(2) RB Flat (1-5yd)

 このルートはRBが外に直線的に走るルートです。
 主にHeavy Blitzが入ったときに、Quick Targetとなります。
 この後述べるSwingとの違いは、Swingよりもスクリメージに近い位置でキャッチできるという点です(逆に言えば#Dの干渉を受けやすい)。
 7 men、8 men Rushに対してはそのままTDに持っていく可能性も秘めていますので、Heavy Blitzが予想される場合には、極めて有効です。

(3) Swing (1-5yd)

 RBがバックフィールドをスクリメージと平行にしばらく走り、Flatを駆け上がるルートです。上のRB Flatと同様、Blitzに対して有効ですが、あまりに早いタイミングで投げるとRBがスクリメージのかなり後方でキャッチしてしまい、ロスタックルを食らうことがあります。Blitzが来ても、ある程度引き付けて投げるとよいでしょう。
 もうひとつ、Swingルートには効果的な使い方があります。相手がManカバーの場合ということにはなりますが、俊足HBのスピードを生かし、LBとのスピードのミスマッチを狙うプレーです。少し検討してみましょう。

(例) Strong Pro/ X-Post vs 3-4/ 2 Man Under

S_Pro_XPost

 この場合、2人のSがDeepを守り、LOLBがTE<A>、MLBがFB<LB>、ROLBがHB<Y>を見ることになります。ポイントは2つあります。
・TEとFL<B>がSwingとは逆方向に走ることにより、#DをHBの走る方向とは逆に引き付ける。
・ROLBとHBにはスタートの段階で、Gapがある。
 結果、HBはROLBを最初のGapも含めて、スピードでちぎることが可能となり、Sと1対1の勝負となります。あとはこのSをかわせば、TDに持っていけます。
 ……と、賢明な方は、HBを見ているのが他のDだったらどうするの? と思いますね。そのときはHBをモーションさせてみてください。#Dの動きを見ていれば、HBを誰が見ているのかわかります。

 他のFlatのルートについては次回に。

第10回 パスルートとコンビネーション考察②(Flat②)

スポンサーサイト
[ 2009年02月10日 11:20 ] カテゴリ:09 すーさん | TB(0) | CM(3)
毎度お疲れ様です&ありがとうございます。
実はSwingのメリットにはここ最近気づいたのですが、
縦に走るまでにSackされるというw
そういう時は他にPassですよねぇ。
視野が狭いなぁ…
[ 2009/02/10 14:49 ] [ 編集 ]
>Tarohさん
こんにちはー。Swingは時間がかかりますね。
自分はBlitzが来たときのQuickTargetで使うことが多いです。
Swingをメインで使うときは、Swing方向にロールアウトして時間を稼ぎつつ、
Flatが空いてる→Swing
Flatは空いてないが、その後ろのBuzzが空いてる→Flatの後ろに走り込んだHBへパス
両方カバーされている→キープ(スクランブル)
というのも一計かなと思います。
[ 2009/02/10 16:00 ] [ 編集 ]
そういいスクランブルは好きですねぇ。
だってGarrardっぽいでしょう?w
[ 2009/02/10 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kommander

Author:kommander
kommanderにメールを送る

PS4 オンラインID:
kommander_HZK

アルバム
Twitter
チャット
maddenjapan Feeder
パスワード:mj
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。