マッデン NFL オンライン対戦

『Madden NFL』のハイライト動画やTipsなどを紹介しています。
マッデン NFL オンライン対戦 TOP  >  スポンサー広告 >  09 すーさん >  すーさんのTips 第8回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すーさんのTips 第8回

第8回 ZoneとManのプレリード

 前回までZoneとManについて散々触れておきながら、プレリードの仕方について全く書いておりませんでした^^;
 相手のディフェンスがZoneかManかをプレリードするには、主に2つのやり方があります。 [1] フォーメーション

(1) BUNCH、TIGHTフォーメーション

ZMRead_A_Bunch

 BUNCHというのは、ラインの横に3人のレシーバーを、わかりやすく言えば三角形に配置しているフォーメーションです。TIGHTは、レシーバーをラインにくっつけてセットするフォーメーションと覚えておいてもらえばよいと思います。
 これらのフォーメーションを選択し、フィールド画面が表示されたら、何らかのボタンを“すぐ”押して、オフェンスの後ろからの引いたカメラに切り替えてください。BUNCH、TIGHT側のCBに注目です。
 Zoneの場合、CBはフォーメーションの定位置であるFlatゾーンに広がってから、中に寄ってきて、レシーバーのそばにセットします。
 Manの場合には、ハドルが解けてすぐにレシーバーの前にセットします。

(2) TWINSフォーメーション

ZMRead_A_AcePairTwins

 TWINSとは、WR2人が同じ側にセットするフォーメーションです。CBに注目すると、Manの場合にはWR2人の前にCB2人がセットするのに対し、Zoneの場合には一方のCBがWRのいない側にセットします。

[2] モーション

 Manのときにレシーバーをモーションさせると、DBはぴったりとモーションについていき、再びレシーバーの真ん前にセットします。これは、当たり前のことですが、Manの場合にずれた位置にセットすると、Hikeと同時に簡単に引き離されてしまうからです。
 Zoneの場合には、モーションに反応はしますが、ぴったりとくっついていくことはありません。

 これらの方法でCoverageを見破ることはできますが、オーディブルでディフェンスを変化させる人もいるので、その点には気を付けてください。

第9回 パスルートとコンビネーション考察①(Flat)

スポンサーサイト
[ 2009年02月06日 03:45 ] カテゴリ:09 すーさん | TB(0) | CM(3)
ここの読み愛が激熱ですよねぇ!
D#の醍醐味♪
[ 2009/02/06 12:32 ] [ 編集 ]
今回もうなずける話ですなぁ

まぁ、ほぼ100%ゾーンの人もざらに居るので
コッチもほぼ片寄せセットしてる意味薄いし
ランも出ない
とにかく自分以外が凄い強い気がしてますw
[ 2009/02/06 17:31 ] [ 編集 ]
>Tarohさん
Maddenは同じ相手と何回もやる真の面白さが分かってきますよねー。癖が分かってくるとなんとなくきそうなパスが予測できますし。それがハマるとMadden地獄にもハマりだします^^;

>すけさん
100%ゾーンの人は多いですねー。私も9割くらいZoneですし。
ランが出ないと試合の組み立てが難しいです。試合によって全体的な調子も違うようで、Zoneで引いて守ってても、2ヤードくらいしかでないときは、キツキツですね。
[ 2009/02/07 00:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kommander

Author:kommander
kommanderにメールを送る

PS4 オンラインID:
kommander_HZK

アルバム
Twitter
チャット
maddenjapan Feeder
パスワード:mj
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。