マッデン NFL オンライン対戦

『Madden NFL』のハイライト動画やTipsなどを紹介しています。
マッデン NFL オンライン対戦 TOP  >  スポンサー広告 >  09 すーさん >  すーさんのTips 第2回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すーさんのTips 第2回

第2回 Man Coverage① (Cover 0、Man Free)

 パスを通すには、パスカバーの種類と特徴を知ることが重要です。そこで、しばらく基本的なパスカバーの特徴に触れようと思います。基本的なパスカバーを知れば、あとはその派生で考えていくことができます(その辺りはディフェンスのときに触れる機会があるかもしれません)。では、まずはMan Coverageです。 [1] Man Coverageに有効なルート

 まずは、総論的な特徴です。Vertical(垂直な)ルートはQBから見てレシーバーとディフェンスが重なって見えるので、Manにはどちらかというと有効ではありません(ただし、この後述べるCover 0、Man Freeに対しては有効です)。これに対し、Horizontal(水平な)ルート(Dig、Drag、Crossなど)はQBから見てセパレイションが見えやすく、有効と言えます。

[2] Cover 0

Cover 0

 つまり、誰もディープをカバーしないディフェンスです。レシーバー5人についてディフェンス5人がManカバーに回るので、6人がラッシュすることになります(ラッシュを減らしてZoneを付けたり、Double Coverにすることはもちろんあります)。オフェンスラインは5人ですのでTEやRBがブロッカーに回らない限り、1人はフリーでQBに突っ込んでくる計算になります。一方、当然ですがディープは誰もフォローしないので、あらゆるロングパスが有効となります。
【読み方】
・Sが2人ともレシーバー(RBやTEなど)についていっている。
【長所】
・強力なパスラッシュ
・ランニングレーンをブリッツでつぶせる
【短所】
・Horizontalルートに弱く、フォローがいないためRACでロングゲインの可能性が高い。
※RAC:ランアフターキャッチ。キャッチ後のランでヤードを稼ぐことです。
・ディープのフォローがなく、あらゆるロングパスに弱い。
・Play ActionやPump Fakeに食いつくと、レシーバーがディープでフリーになる。

[3] Man Free (Cover 1)

Man Free

 Sのうちの1人(FSが多い)をDeepに残します。従って、11人からDeepカバーの1人、Manカバーの5人を除いた5人がRushすることになります(この場合も、1人、2人がZoneに入ったり、Double Coverをしたりすることがあります。
【読み方】
・どちらかのSがDeepの真ん中に寄る。
【長所】
・5 Men Rushによって、ある程度のプレッシャーをかけられる。
・4 Men Rushや3 Men Rushにして、1人、2人をHook Zoneを守らせることでINTが可能。(ManカバーにZoneを混ぜられると、かなり投げにくくなります)
・Postルートはダブルカバーとなる。
【短所】
・やはりHorizontalルートには弱い。
・Streak、Fade、Cornerルートには弱い。

第3回 Man Coverage② (2 Man、3 Man)

スポンサーサイト
[ 2009年01月20日 11:14 ] カテゴリ:09 すーさん | TB(0) | CM(6)
久しぶりにこのサイトを見ました。categoryすーさんでしたので、何なのかなと思い、下のほうに読み進めてわかりました。w わかりやすく説明していただいて、これからも楽しみにしています。
 試合なのですが、一試合3,4インターセプト当たり前です。そのためランで進めるようにしていますが、エンドゾーンまで行くのに時間がかかるわけで、時間を使うというのにはいいのですが、大量失点を1,2クオーターで大量失点してしまうともうほとんど終わってしまいます。
関係ないですが、スーパーボウル楽しみです。 あいだのプロボウルどうなるのかな。怪我したくないし、スーパーボウル出る人・・
[ 2009/01/20 23:27 ] [ 編集 ]
>kazuさん
コメントありがとうございます。私もとても勉強になっています^^ ゲームの攻略なんですが、実際のNFL観戦にも役立つと思いました。
とにかく私はINTされないよーにされないよーにと慎重なパスを心がけています(それでもされるのですが^^;)。で、堅く守って接戦に持ち込み、クロックをコントロールして競り勝てればいいな……という感じでしょうか(笑)。
スーパーでシーズンがすべて終わるのは美しいですが、確かにプロボウルに対するモチベーションが難しそうですね。
[ 2009/01/21 06:19 ] [ 編集 ]
これはすごい!
こんなこと考えていたなんて、そりゃ勝てないわけです^^;
自分はIntは良く取るんですが、それ以上によく取られるんですよね…(´・ω・`)
あとMan coverでMLB動かすと大概ロングパス通されますw
それがイヤだから、Deepは3人置いたのに…

SBはO#とD#の激しいガチンコが見られそうですね~
今から楽しみです…
[ 2009/01/21 11:07 ] [ 編集 ]
>kazuさん
 こんにちは。基本的なところから書いていきたいと思ってますので、参考にしていただければ幸いです。プロボウルは来年からSBの前みたいですね。SB出るチームは選手出さないんじゃないかなぁ。
>こまんだーさん
 ブログを提供していただいてありがとうございます。NFLの観戦にもそこそこ役立つと思います。たとえば、昨年のSBのバレスの決勝TDの場面は、イーライはTrips体型の片方にディフェンダーが集中しているのを見て、HeavyなBlitzのCover0をプレリードで見破って、PostCornerのバレスにズドン!Cover0なので誰もフォローできず、、、要はNEのコール負けでした。そんな感じで観戦にも役立ててもらえば、書き甲斐があります。
>Tarohさん
 ある程度理論的に書いてますけど、なかなか実行が難しいんですよね。でも、理論的なことが分かってくれば駆け引きが楽しくなりますよ。こまんだーさんとの対戦ではものすごい読みあいになってます^^;それがまた中毒なんですが。
SBは楽しみですね。フラッコと違ってワーナーは経験があるんで、うまくショートパスでBlitzをコントロールできそうな気もしますが、それ以上にPITがBlitzパッケージを工夫してくる気がしますし。。。わくわくしますね。
[ 2009/01/21 16:29 ] [ 編集 ]
>Tarohさん
どもです~。とりあえず、私が「フィールドでの練習(実技)」、すーさんが「フィルムルームでの研究(学科)」みたいな感じになるといいのかなと(笑)。テクニックと知識、両方そろってないといけないのが面白いゲームだと思います^^

>すーさん
いつも本当にありがとうございます。TV中継での解説や、専門誌で「何となく知っている」戦術を、ゲーム攻略として落とし込んでいただけて、すごく勉強になります^^
今後は、お話にあったプレリードも磨いていきたいですね。
[ 2009/01/22 18:02 ] [ 編集 ]
大変失礼しました。プロボウル来年からなんですね間の開催。・・今年からだと思ってました。カーディナルスの選手はどうするんだろうと勝手に思ってました。・w スティーラーズの選手はなんか頑丈そうなので、大丈夫かと。・
[ 2009/01/24 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kommander

Author:kommander
kommanderにメールを送る

PS4 オンラインID:
kommander_HZK

アルバム
Twitter
チャット
maddenjapan Feeder
パスワード:mj
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。